活動方針

 

労福協活動2つの柱

労福協活動2つの柱
 
〔1〕 勤労者自主福祉の協同事業を拡げています。
  労働組合が主体となって創設し、勤労者と共に育ててきた労働福祉事業団体(労働金庫・全労済・滋賀県住宅生協)の事業の拡大発展につとめ、さらに地域の市民運動から生まれた滋賀県生活協同組合連合会も加わり、働く人々やその家族の暮らしの安心と幸せづくりを目指しています。
   
〔2〕暮らしの仕組みをよりよいものに変えていくために活動します。
   

 働く人のくらしを守る運動を行っています。
 ネットワーク団体の協力を得て市民のくらしにかかわる諸問題(法律・税金・相続・年金・雇用・消費生活など)の解決をめざす「くらしなんでも相談」を開設しています。毎月第三日曜日には滋賀県司法書士会の協力を得て、多重債務等の無料相談も行っています。また、全国の働く仲間と連帯して社会の不条理をなくす運動にも取り組んでいます。
   
 高齢者家事サポート事業
 地域福祉活動やボランティア活動を推進しています。
 地域福祉や年金など社会生活に関する研修・セミナーを開催したり、さまざまなボランティア活動を推進し、地域とのつながりを大切にしています。また、退職者がお互いに助けたり、助けられたりしながら地域の中でいきいきと生活できるよう「高齢者家事サポート事業」を行っています。
   
 '09びわ湖クリーンキャンペーン
 自然環境を守る活動に取り組んでいます。
 毎年、夏休みが終わった9月の第一日曜日には、県下9地区で「びわ湖クリーンキャンペーン」を実施し、私たちの街を美しくするとともに、県民の環境意識を高めています。また、働く人々の代表として自治体の環境対策にも参画し、県民諸活動を推進しています。
   
 体育文化活動の推進をしています。
 労働者体育祭のソフトボール大会・ボウリング大会には県下9地区労福協からの代表が集い、スポーツ交流を行っています。毎年秋に行われるチャリティゴルフコンペでは集まったチャリティ金を福祉施設などに寄付しています。滋賀県立近代美術館ギャラリーで開催される勤労者美術展には勤労者とその家族の作品(絵画・書道・写真・工芸手芸)の発表を行っています。
 
 
 6月 ソフトボール大会
 
 2月 ボウリング大会
 
 2月 勤労者美術展
   
 国際交流の輪を広げています。
 中国湖南省の労働組合の統括団体である中華総工会とは1976年から交流を進め、相互交流を行っています。
   
 労商提携店の拡大をはかり、より豊かな生活を目指します。
 滋賀県内や近隣府県の業者やお店と労商提携契約を結び、各種割引制度や優待制度の推進をはかり、働く人々の生活のサポートをしています。
qrcode.png
http://s-rofuku.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
<<一般社団法人 滋賀県労働者福祉協議会>> 〒520-0806 滋賀県大津市打出浜2番1号 コラボしが21 TEL:077-524-6290 FAX:077-523-4070